東北地震では、地震規模から考えられるより大きな津波が発生した。なぜか?

俺がこの太い腕で地面を殴る。殴られた地面が揺れる。その衝撃が地面をバンバン伝わっていくわけだ。そう、それが地震だ。たまに強めに地面を殴ると、地面がその衝撃を自分でまかないきれずに、水に放出することがある。地震と津波は、借金糞野郎と連帯保証人だ。衝撃を受けた水は、バンバンその衝撃を波で伝えていく。これが津波だ。今まで全くそう信じてきたわけだ。

あの日俺たちが体験した悲劇。そう、サンテンイチイチだ。あの時の津波モンスターをちゃんと研究してみる。すると、まかないきれなかった地面の衝撃が、直接あの巨大な津波を産んだ訳じゃないらしいというのがわかった。地震が起きて、揺れの衝撃で地面が崩れて、その衝撃で水が揺れまくる。つまり津波を起こした。そういうピタゴラスイッチ的なことが起きたって考えだ。

我が家で、地震のせいで家の床に穴が開いたことがある。地震の衝撃が直接穴を開けるなんて馬鹿話だな。そうじゃねえ。地震が起きて、揺れの衝撃で分厚いブラウン管テレビがおっこちて、それが床に穴を開けたわけだ。この津波も、本当はそういうヒトヒネリを含んでいた可能性があるわけだ。どうも借金糞野郎と連帯保証人という単純な関係なわけじゃないんだ。

もちろん、地面から直接放出された衝撃もあるわけだから、この津波は地面からと地すべりからと2つの衝撃を受けて巨大化しちまったらしい。巨乳か、美人かどっちかだけでも勃起がおさマラねえのに、どっちもだったらもう一晩中ボッキングしちまうだろ。

まあ、このアイデアも、まだまだ検証が必要とか、十分だ、とか、いんぐりもんぐり揉めまくってるらしいけど、もし本当にこれが真実だとしたら大変な話なわけだ。地面の衝撃からの予想だけでも大変なのに、それにくわえて地震による地すべりの予想、それから発生する衝撃まで全部含めた津波の予想が必要になるわけだ。いくらマッチョでも厳しい話さ。

記事元url:http://news.sciencemag.org/asiapacific/2014/10/double-whammy-tsunami