C100新刊情報(人工知能+コンテンツ制作・分析本)

夏コミC100土(1日目)東ホ14bで、人工知能を使用したコンテンツ創作支援技術・分析技術の開発について解説した同人誌Pythia2.0とPythia R18を頒布します。

電子版はBooth(https://thetenthart.booth.pm/)で販売しております。


以下の記事が収録されています。

・機械学習全般の入門系記事
  ・『人工知能(AI)って何?』 by midz

・音声を対象とした記事
  ・『キャラクター声自動合成入門』 by とろわーる(RRR)

・画像を対象とした記事
   ・『AIによる写真のピクセルアート(ドット絵)化』 by まっくす
  ・『Twitter上のイラストを検索できるWebサイトの開発』 by kivantium
  ・『画像からのアニメキャラクター姿勢推定』 by rika

・テキストを対象とした記事
  ・『日本語のアニメレビュー自動分析モデルの開発』 by kirakirajumper(きらじゃん)
  ・『AIが考えるキャラ設定〜キャラの関係性に着目して〜』 by midz
頒布価格は700円、ページ数は64ページです。

この他にもR18系の記事に限定したPythia R18を頒布します。

以下の記事が収録されています。

  ・GANによるR18画像生成入門 by うすい
  ・AIも知らない!? 英語のわいせつ表現 by きらじゃん
  ・喘ぎ声文の自動生成 by midz
  ・Adversarial Exampleで作る”エロ画像” by kivantium
頒布価格は300円、ページ数は32ページです。

当日スペース土(1日目)東ホ14bでお待ちしております。

以下は健全本版Pythia2.0の各記事のサンプルです。(R18はサーバースペースの都合上載せていません)


  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です